スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

童々(トントン)日記!・・・・・の巻

  • 2008/08/27(水) 00:31:06

蘭々:ちょっと・・・・・アタイ、納得いかないことがあるんだけどさぁ。
    なに!今回のブログのタイトルは・・・・・・
    結局そうなのよね。童々(トントン)が中心なわけね。
    アタイの存在なんてちっぽけなものよねぇ。・・・・・・・

父 :おぃおぃ。まぁ怒るなよ。
    しょうがないだろぉ~。

   え~っと、見苦しい内輪揉め申し訳ありません。
   童々が来て早1週間、先日のブログ更新で1枚だけ皆様に見て頂いた童々ですが、
   今回は、我が家にやってきてからの童々と蘭々・・・・・いや、蘭々と童々の生活を
   見て頂きます。それと、24日(日)のユトリーヌでの蘭々も合わせてご覧ください。

蘭々:アタイはどうせおまけよね。・・・・・・・

***************************************

父 :先日の8月16日、ついに我が家に2匹目のフレンチブルドックがやってきました。
    名前は蘭々に引き続き、パンダから名前を頂き『童々(トントン)』と命名しました。
    ちなみに、実際にいた童々というパンダは女の子でしたが、この子は男の子です。!

1S1W2355.jpg

父 :おぉお~~お前が童々(トントン)だね。
   薄っすら見えてるよ。早く姿を見せておくれ。


   じゃじゃじゃ~ん!

1S1W2358.jpg

童々:はじめまちて! オイラ・・・・・・・・・・?????

父 :お前の名前は今日から童々(トントン)だよ。皆さんにご挨拶して。

童々:ちょっか。オイラ童々!皆さんよろしく!。

父 :童々は蘭々が来たときよりずっと小さく、今の蘭々を見慣れたせいか
   壊れてしまいそうな子犬でした。

   どれっ、蘭々と初対面させてあげよう。
   蘭々おいで!


1S1W2366.jpg

蘭々:アタイが蘭々よ。あなたのお姉さんになるんだって。よろしくね。
    この子ったら、アタイにビックリしているわよ。
    パパ~?この子、凄く弱弱しいけど、ちゃんと大きくなるのかしらね。?



1S1W2361.jpg

父:  とまぁこんな様子で、蘭々は優しく優しく童々に顔を近づけて観察してました。
    しばらく二人の兄弟の様子を観察していたら、蘭々をお母さんと思ったらしく・・・・・・・・



1S1W2408.jpg

童々:オイラ喉が渇いたのら。この辺に・・・・・・・・ちゅぱちゅぱ。

蘭々:アタイはお母さんじゃないのよ。
    でも、悪い気はしないわねぇ~。まぁアタイがこの子を守ってあげなくちゃね。
    パパっ、この子はアタイが責任もって育てるから安心して!
    ちゃ~んと家のルールも教えていくから!

父: そっかぁ~。急にお姉さんになったじゃないか!。
   それじゃ任したよ。


   それから、数日後・・・・・・・・・・・・・


1S1W2607.jpg

蘭々:アタイに勝てると思ったら大間違いなのよ!
    お願いだから、ちゃんと言う事聞いて!・・・・・・・・

童々:『ヤダヨ! オイラ負けないもん!偉そうなことばっか言いやがって!』

蘭々:あっそぅ!どうなっても知らないわよ。
    ・・・・・・・・(ここで、アタイの威厳を保たないといけないのよね!きっと)

1S1W2609.jpg

蘭々:それじゃ、仕方ないわね。仕置きしてあげるわよ!
    言う事聞かない子は、お姉さんにこうやってお仕置きされるのよ!『がぶっ』
   (ふふふっ・・・・・・これで、少しは分かったかしらね。上下関係の厳しさを。
    まったく可愛いもんよねぇ。)

    パパぁ~、このぐらいの厳しさは教えて良いわよね。

父 :そうだな!お前に任したんだから、しっかり教えてあげなさい。
   たのもしいよ。

童々:ぢくじょ~~~~~~!   
    噛みついたな。ゆるじゃね~じょ~!

父 :もしや、・・・・・・・いやいや、童々はまだ2ヶ月の子供だし、まさかそんなわけないだろう?
   まてよ、やっぱり蘭々やられるんじゃないか?大丈夫かぁ~・・・・・・・



1S1W2611.jpg
父 :蘭々。大丈夫かよ!。雲行き怪しいよ。
   必死になってないか?

童々:もぅ許さないじょ~。
    お姉ちゃんだからって、いばりやがって!

父  :あzzzzz  蘭々絶対にヤバイよこれ。
    どうすんの?童々怒らしちゃったよ。(笑)

蘭々:あっあっあああああ~~~~~~ああああああ、危ないよ。ちょととととと


1S1W2629.jpg

童々:おまえ謝れよ!噛んだだろ!   謝 れ よ な !

蘭々:あっ・・・・あんたねぇ~、お姉さんに『おまえ』はないでしょ~。
    アタイはあんたに色々と教・・・・・・・・

1S1W2620.jpg

童々:じゃっきからぶちゅぶちゅ、うるさいんだじょ~!
    お前に、オイラの力を見せてやるからな!
    どうだっ!謝るかっ!
   『童々、ごめんなさい』って言うんだじょ~

1S1W2633.jpg

蘭々:あっ・・・・・・あぁぁぁぁ~
    一週間もたたないうちに、アタイの威厳がもろくも崩れていくわぁぁぁ・・・・・・・・
   ガラガラガラ・・・・・・


1S1W2648.jpg

童々:まだ、謝らないのかよ~。
    もっと懲らしめてお仕置きだじょ~!


父 :やっぱりな・・・・・・
   はじめから、落ちが見えていた感じもあったけど・・・・・・・
   大丈夫か?蘭々?

蘭々:いいの。パパ、アタイに構わないで・・・・・・・
    アタイはどうせ落ちこぼれのお姉さんなのよ。
    もぅこのまま、そっとしておいて・・・・・・・

父 :上下関係の厳しさを教えられたな・・・・・・・・・
    わかった。そっとしておいてあげるよ。


1S1W2669.jpg

父 :その後も、童々にやられるありさまでした。
   この勢力争いの勝負は、あっさり童々が握った模様。
   まぁ、今も姉弟仲良く遊んでおります。
   実際のところは、蘭々がお姉さんぶりを発揮しておりますよ。


第2部 ユトリーヌの蘭々・・・・・の巻

**************************************

父 :先日24日、童々との勢力争いに負けた蘭々が寂しそうにしていたので、
   大好きな『ユトリーヌ』に連れて行ってあげました。


    1S1W2674.jpg

蘭々:童々にメタメタにされたアタイの気持ちなんて・・・・・誰も分からないわよね。
    パパがアタイの心の療養の為に『ユトリーヌ』に連れてきてくれたの。
    お友達と遊べば気も晴れるかしら・・・・・
    パパ、とりあえずお食事にしましょ。例のママのコーナーも載せないとね。

父 :例のあれか!・・・・・

    仕方ないな。


1S1W2679.jpg

蘭々:ねぇママ?。ママってば・・・・・・・
    また、パパに載せられるってばさぁ~・・・・・・
    ふぅ~・・・・・結局呪文始まっちゃったわよ。
    最近この状況になると、御馳走の事より、ママの呪文を唱える姿がまた載せられる
    事ばかり気になっちゃうのよ。
    ママって懲りない女よねぇ~。

    もぅそろそろいいかしらね。呪文のほうは・・・・・・
    日に日に長くなってるけど・・・・・。

ママ:ハイっ召し上がれ!今日はキッシュよ。
    いつもはテリーヌだから、キッシュは初めてだよね。

蘭々:????名前はどうでもいいのよ。味さえ良ければ・・・・
    それじゃ遠慮なく頂くわよ。

1S1W2689.jpg

蘭々:いけてるじゃない。
    ん~、これはお姉さまだけの特権よね。・・・・童々にも見せびらかしてあげたいわ!
    お姉さまの特権をね。

父 :そんなこと言ってると、またやられるぞぉ。
   ほら、早く食べてドックランで遊ぼう。

1S1W2697.jpg

蘭々:どぅ?アタイ結構スマートになったと思わない?
    カモシカのように飛び!





1S1W2897.jpg




父:  ツチノコのように寝る・・・・・・・だろ。
     あんまりやせ過ぎると、お前の天然加減も半減してしまうからな!
     最近、天然さが欠けてるから、俺の教え込んだあの技を皆さんに披露するか!
     『お手』は教えなかったがこれだけは完璧に教えたその秘儀とは!!



1S1W2901.jpg

『ちょんまげ~~、ちょんまげ~~、ちょんまげ~~』

  この呪文を唱え続ける間は、さすがのやんちゃな蘭々も動けなくなるのであった!
  なぜなら、この秘儀を失敗すると、パパからこっぴどく怒られるからである!

  しかし、蘭々でさえこの芸をさせられる意味に疑問を感じている。それが目に表れている!。


蘭々:アタイにこんな芸を教え込むなら、普通に『お手!』ぐらい教え込んでよね。
    皆できるのに、アタイだけだよ。『お手』と『お代り』出来ないの・・・・・・・・・


父 : 蘭々!失敗するなよ~。
    『ちょんまげ~~、ちょんまげ~~、ちょんまげ~~』
     よ~し。今日のコンディションは良いみたいだな!

    蘭々!最後に例の七変化もやっちゃうか!
    例のやつだよ。!


蘭々:???????
    パパ・・・・・アタイ、七変化の芸なんて教わってないよ。

父  : よ~っし行くぞ。準備は良いか~!

蘭々:??????
    だから、教わってないって。

ドロロン、ドロロン、ドロロンパッ!




1S1W2740豚バス

父  :おぅおぅ。上手に七変化出来たじゃないか!さすがだな!

蘭々:パパさぁ~・・・・・・・完全に作ってるじゃない!
    アタイの素のおかしさをブログで掲載して、皆に笑ってもらうんじゃなかったっけ?
    パパの腕も落ちぶれたもんよね。
    それも、その落書き完成度が低すぎるのよ!

    これじゃ完全にアタイのファンも遠のくわよ!
    それに、完全に『ジブリ』のパクリよね。
    何?『豚バス』って、全然おかしくないわよ!

    陳腐なペイントでアタイの体にイタズラ書きして、尚且つ不完全なパクリときて。
    パパ!読んでくれてる皆さんに謝罪しなさい!
   「もぅズルイ手法は使いません」ってね。

父 :そこまで、苛めないでくれよ。
   つい、心の緩みが出てしまったんだよ。
   もう一度初心に戻って、自然のお前を見てもらうよ。

   皆様、くだらない絵でごまかそうとして大変すみませんでした。
   今後、精進してブログに魂を込めて頑張る所存でございます。
   なにとぞ、蘭々&童々(タッキー&翼、風に言ってみました。)をよろしくお願いいたします。

   本日はこの辺で・・・・・・ばいなら。

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2009/02/12(木) 16:07:55
  • [編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2009/05/15(金) 14:17:52
  • [編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2010/01/17(日) 14:21:27
  • [編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2012/04/26(木) 20:32:42
  • [編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 投稿者: -
  • 2013/01/20(日) 08:38:26
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。